2011年04月29日

小塚2位 高橋5位 チャンが世界最高点で優勝 11世界フィギュア



2011世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2011)第4日は28日、モスクワで男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、前日のショートプログラム(SP)で1位のパトリック・チャン(Patrick Chan、カナダ)が187.96点を記録し、合計280.98点で初優勝を果たした。

 SPで世界歴代最高得点の93.02点を記録したチャンは、FS、合計点でも世界歴代最高得点を更新した。

 2位には合計258.41点で日本の小塚崇彦(Takahiko Kozuka)、3位には合計241.86点でロシアのアルトゥール・ガチンスキー(Artur Gachinski)が入った。

 SPで6位の小塚はFSで2位となる180.79点を記録した。

 前回覇者の高橋大輔(Daisuke Takahashi、日本)はスケート靴のトラブルがあり、合計232.97点で5位、SP2位の織田信成(Nobunari Oda、日本)は合計232.50点で6位だった。(c)AFP

posted by ワールドスポーツ at 07:03| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

安藤美姫が優勝、浅田真央2位 フィギュア四大陸



台湾・台北(Taipei)で20日、フィギュアスケート四大陸選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2011)の女子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、SP1位の安藤美姫(Miki Ando、中央)が合計201.34点で優勝した。2位は浅田真央(Mao Asada、左)、3位は米国の長洲未来(Mirai Nagasu、右)、鈴木明子(Akiko Suzuki)は7位だった(2011年2月20日撮影)。(c)AFP/Sam YEH

posted by ワールドスポーツ at 00:52| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。