2011年02月12日

インディジャパン開催、2011年限りで終了



自動車のIRLインディカーシリーズ(Indycars)を主催するインディ・レーシング・リーグ(IRL)は9日、栃木県のツインリンクもてぎ(Twin Ring Motegi)で開催してきた「インディジャパン」を2011年限りで終了すると発表した。今年9月16〜18日のレースを最後に、14年の歴史に幕が下ろされる。

 今年のレースはシリーズ全16戦のうち第15戦にあたる。IRLコマーシャル部門のテリー・アングスタット(Terry Angstadt)会長は、「長期的戦略を判断し、視聴率を無視できないとの結果に至った。チャンピオンシップ争いが過熱するシーズン終盤戦は(米国内の)視聴者数が増える時期でもあり、ライブ中継することが重要だと考える」と説明した。

「インディジャパン」が終了すると、北米以外で開催される同シリーズはブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)でのインディ300のみとなる。(c)AFP

posted by ワールドスポーツ at 07:29| モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。