2011年06月12日

ベッテル 今季6度目のポールポジション獲得 小林は13番手、F1カナダGP


11F1第7戦カナダGP(Canadian Grand Prix 2011)は11日、予選が行われ、レッドブル(Red Bull)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel、ドイツ)がトップタイムとなるベストラップ1分13秒014を記録し、今季6度目となるポールポジションを獲得した。

 2位には1分13秒199を記録したフェラーリ(Ferrari)のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso、スペイン)、3位には1分13秒217で同じくフェラーリのフェリペ・マッサ(Felipe Massa、ブラジル)が続いた。

 ベッテルのチームメイトのレッドブルのマーク・ウェーバー(Mark Webber、オーストラリア)が1分13秒429で4位、5位には1分13秒565でマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton、英国)がつけている。

 ベッテルは、レッドブルがこれまで勝利を挙げたことのないサーキット・ジル・ビルヌーブ(Circuit Gilles Villeneuve)で自身通算21度目のポールポジションを獲得したが、5位につけたハミルトンは自身初のグランプリ優勝を同サーキットで飾っており、10年シーズンも勝利を挙げている。

 ザウバー(Sauber)の小林可夢偉(Kamui Kobayashi)は、1分15秒285で13位だった。(c)AFP

タグ:カナダGP
posted by ワールドスポーツ at 13:36| F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

ハミルトン 今季初優勝を飾る 小林は10位、F1中国GP



11F1第3戦中国GP(Chinese Grand Prix 2011)は17日、決勝が行われ、3番手からスタートしたマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton、英国)が1時間36分58秒226で優勝を飾った。ハミルトンは、レッドブル(Red Bull)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel、ドイツ)が開幕から挙げていた連勝を2で止めた。

 2位には1時間37分03秒424でベッテル、3位には18位からスタートし驚異的な追い上げを見せた同じレッドブルのマーク・ウェーバー(Mark Webber、オーストラリア)が1時間37分05秒781で続いた。

 ハミルトンは、残り周回5周のところでベッテルを抜き去り、自身通算15度目の優勝を飾った。

 ザウバー(Sauber)の小林可夢偉(Kamui Kobayashi)は、1時間38分01秒499で10位に入った。(c)AFP
タグ:中国GP
posted by ワールドスポーツ at 14:11| F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

ベッテルがポールポジションを獲得 小林は10番手、F1マレーシアGP



11F1第2戦マレーシアGP(Malaysian Grand Prix 2011)は9日、予選が行われ、レッドブル(Red Bull)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel、ドイツ)がトップタイムとなるベストラップ1分34秒870でポールポジションを獲得した。

 2番手には1分34秒974でマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton、英国)、3番手には1分35秒179でレッドブルのマーク・ウェーバー(Mark Webber、オーストラリア)が続いた。

 ザウバー(Sauber)の小林可夢偉(Kamui Kobayashi)は1分36秒820で10番手だった。(c)AFP

posted by ワールドスポーツ at 03:50| F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。