2011年04月19日

ケニア勢が上位独占、車いす男女は日本人優勝 ボストン・マラソン



第115回ボストン・マラソン(Boston Marathon)が18日、米ボストン(Boston)で開催され、男子はジェフリー・ムタイ(Geoffrey Mutai、ケニア)が世界記録を上回る2時間3分2秒で優勝した。世界記録は2008年のベルリン・マラソンでハイレ・ゲブレセラシェ(Haile Gebrselassie、エチオピア)が出した2時間3分59秒。 

 2位はモーゼス・モソップ(Moses Mosop、ケニア、2時間3分6秒)、3位はマラソン初出場となった前年のニューヨークシティマラソンで優勝したゲブレ・ゲブレマリアム(Gebre Gebremariam、エチオピア、2時間4分53秒)だった。

 女子はキャロライン・キレル(Caroline Kilel、ケニア)が2時間22分36秒で優勝。2位はデジレ・ダビラ(Desiree Davila、米国、2時間22分38秒)、3位はシャロン・チェロップ(Sharon Cherop、ケニア、2時間22分42秒)だった。

■車いす部門は日本勢がアベック優勝

 車いす女子は土田和歌子(Wakako Tsuchida)が1時間34分6秒の世界新記録で5連覇を果たした。車いす男子は副島正純(Masazumi Soejima)が1時間18分50秒で優勝した。(c)AFP

posted by ワールドスポーツ at 13:26| 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。