2011年04月29日

小塚2位 高橋5位 チャンが世界最高点で優勝 11世界フィギュア



2011世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2011)第4日は28日、モスクワで男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、前日のショートプログラム(SP)で1位のパトリック・チャン(Patrick Chan、カナダ)が187.96点を記録し、合計280.98点で初優勝を果たした。

 SPで世界歴代最高得点の93.02点を記録したチャンは、FS、合計点でも世界歴代最高得点を更新した。

 2位には合計258.41点で日本の小塚崇彦(Takahiko Kozuka)、3位には合計241.86点でロシアのアルトゥール・ガチンスキー(Artur Gachinski)が入った。

 SPで6位の小塚はFSで2位となる180.79点を記録した。

 前回覇者の高橋大輔(Daisuke Takahashi、日本)はスケート靴のトラブルがあり、合計232.97点で5位、SP2位の織田信成(Nobunari Oda、日本)は合計232.50点で6位だった。(c)AFP

posted by ワールドスポーツ at 07:03| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

ケニア勢が上位独占、車いす男女は日本人優勝 ボストン・マラソン



第115回ボストン・マラソン(Boston Marathon)が18日、米ボストン(Boston)で開催され、男子はジェフリー・ムタイ(Geoffrey Mutai、ケニア)が世界記録を上回る2時間3分2秒で優勝した。世界記録は2008年のベルリン・マラソンでハイレ・ゲブレセラシェ(Haile Gebrselassie、エチオピア)が出した2時間3分59秒。 

 2位はモーゼス・モソップ(Moses Mosop、ケニア、2時間3分6秒)、3位はマラソン初出場となった前年のニューヨークシティマラソンで優勝したゲブレ・ゲブレマリアム(Gebre Gebremariam、エチオピア、2時間4分53秒)だった。

 女子はキャロライン・キレル(Caroline Kilel、ケニア)が2時間22分36秒で優勝。2位はデジレ・ダビラ(Desiree Davila、米国、2時間22分38秒)、3位はシャロン・チェロップ(Sharon Cherop、ケニア、2時間22分42秒)だった。

■車いす部門は日本勢がアベック優勝

 車いす女子は土田和歌子(Wakako Tsuchida)が1時間34分6秒の世界新記録で5連覇を果たした。車いす男子は副島正純(Masazumi Soejima)が1時間18分50秒で優勝した。(c)AFP

posted by ワールドスポーツ at 13:26| 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

ハミルトン 今季初優勝を飾る 小林は10位、F1中国GP



11F1第3戦中国GP(Chinese Grand Prix 2011)は17日、決勝が行われ、3番手からスタートしたマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton、英国)が1時間36分58秒226で優勝を飾った。ハミルトンは、レッドブル(Red Bull)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel、ドイツ)が開幕から挙げていた連勝を2で止めた。

 2位には1時間37分03秒424でベッテル、3位には18位からスタートし驚異的な追い上げを見せた同じレッドブルのマーク・ウェーバー(Mark Webber、オーストラリア)が1時間37分05秒781で続いた。

 ハミルトンは、残り周回5周のところでベッテルを抜き去り、自身通算15度目の優勝を飾った。

 ザウバー(Sauber)の小林可夢偉(Kamui Kobayashi)は、1時間38分01秒499で10位に入った。(c)AFP
タグ:中国GP
posted by ワールドスポーツ at 14:11| F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。